中垣公認会計士事務所 | ブログ

中垣公認会計士事務所


  • 事務所概要
  • 業務内容
  • 報酬料金
  • ブログ
  • 採用情報
  • お問い合わせ

ブログ

お問い合わせ
お電話からのお問い合わせ
052-789-1676

お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ:未分類( 13 )
近況報告

すっかりご無沙汰になってしまいました。

確定申告後、1月決算、2月決算の会社の決算申告作業などと続き、間に新規に契約した会社の経理業務関係の基礎固めの作業とOJTなどを行い、昨日、ようやく2月決算の申告業務を終えたところで、今日から3月決算関係の業務が始まりました。

毎年この時期は時の経つのが早く感じるのですが、今年も既に1年の4分の1が終了してしまいました。

今日は朝から3月決算の会社にお伺いし、法人税の申告書を作成していたのですが、内容的には、土地・有形固定資産・リース資産の減損処理、棚卸資産の評価損、土地再評価差額金、自己株式など論点としては盛りだくさんだったのですが、時間がないので機械的にこなし、なんとか外形標準課税の単年度損益の算出を経て販管費の事業税の計算まで終えることができました。これで損益が固まります。予定としては夕方までに終了するはずが、夜にずれ込んでしまいましたが、なんとか目途がついたのでほっとしています。まだ税効果が残ってるけど。

最近、こんな感じです。

ではまた。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-04-18 23:55
電子申告(その2)
本日、お客様の平成18年分の確定申告の作成が完了したので、ようやく自分の確定申告の作成にとりかかり、そのまま勢いで電子申告をしてみました。
電子申告のソフトは以前にダウンロード等してありましたので、今日は電子申告のデータの作成と送信です。
が、どうすればいいのかよく分からないまま、テキトーにe-Taxソフトに入力等進めていたら、電子署名で入力するパスワードについて、ICカードのユーザーPINを入力するところ、電子申告の暗証番号を入力しエラーとなりちょっと焦ったものの、それ以外はすんなりと進み、意外にもあっさり終わってしまいました。
ちょっと拍子抜けの感が残ったものの、無事終了しました。後は「申告書等送信票」を添付資料と合わせて明日にでも郵送しておけば終了かな。

あれこれ聞いてウダウダ考えているより、実際やってみた方が案外簡単なのかもしれませんね。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-03-12 20:51
自己株式の処理に要注意
平成18年度の法人税法改正により、18年4月1日時点で自己株式を所有している場合は、資本金等の額を減少させる処理を行うこととされています(別表5(1)の下の方で)。

この減額は外形標準課税や均等割の計算等にも影響を与えるので要注意です。

なお適用は18年4月1日以後終了事業年度からとなっているのでこれまた要注意です。

本日訪問していた会社では自己株式の額が多額にあったにもかかわらず、最初は気が付かなかったので、あやうく漏らすところでした。

その他、自己株式買取手数料なども会計上は営業外費用として処理されるものの、税務上は以前は自己株式の取得対価を構成するとされていた(今は損金となる)ので税務加算の対象でした。そのため前期以前の買取手数料が別表上残されています。

さてこの処理はどうなるのか?

(以下、単なる自分のメモ書き。間違っているかも。)

平成18年の税制改正で18年4月1日時点の自己株式保有簿価(税務上)を資本金等の額から減算させるように変更があったため、この加算留保されてきた手数料部分も税務上自己株式の取得対価を構成していると考えられるため、資本金等の額から減少させる処理をする。

そうすると、未来永劫この加算部分は減算されないのか?
現在保有している自己株式を全て売却しても認容されないのか?

それが大きな疑問だったんですが、多分認容されることはないんでしょうね。
税制改正により、単なる経費の加算項目から資本の控除項目へと性質が変更したと考えればいいのかも。
そのかわりと言っては何だけど、この手数料部分も当然に自己株式の取得対価なので資本金等の額を減少させる額に含めるということなんですかね?

本日気づいた点としては、自己株式処分差損の処理などもありましたが、ここでは省略。

最近の税務と会計の調整はややこしいです。

というかその前に確定申告終わらせないと…。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-03-02 22:49
清算予納申告について
18年5月の会社法施行により清算予納事業年度の捉え方が変更されています。会社法施行前は、解散をしてから清算確定しないまま従来の会社の決算期を迎えた場合はその決算期をもって一度清算予納の申告をする必要がありました。しかし会社法施行後は会社の決算期に関係なく、清算予納事業年度は解散の日から1年ということに変更されています。

これは会社法上、清算手続きが開始されると、従来の決算期を問わず、解散の日の翌日から1年間が清算事務年度として取り扱われることによります。

事例がありましたのでご参考まで。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-02-27 19:44
勘違い
以前、シェフと思った白いズボンの人は立浪選手でした…。
お店と思ったのは、気象台でした…。
探しに行かなくて良かった。
昨日テレビを見てそう思いました。

ではまた。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-02-05 22:50
確定申告をする方へ
そろそろ確定申告の季節ですので、今回は納税の話をひとつ。

確定申告で税金を計算したら、その後、納付が待っています。
納付の方法としては、金融機関や税務署に納付書を提出して支払う方法と、口座引落される振替納税があります。振替納税のメリットは、納付日が約1ヶ月遅くなるので(今年は、所得税は4月20日、消費税及び地方消費税は4月26日)、資金繰り的に有利になる点です。

さて、振替納税されている方には、税務署から送られてくる確定申告書に振替金融機関等が最初から印刷されていましたが、今年からは印刷されなくなりました。個人情報保護法の関係だとか…。

そうなると振替納税の手続きをしていたかどうか分からないという方がいらっしゃるのでは?
そんな方のために、昨年までどちらの方法で納付していたか、その見分け方をお伝えします(手続きをしていたつもりがしていなかったとなると、口座引落されなかったと気が付いた時点で納付期限を1ヶ月以上過ぎてしまっていることになりますので)。

確定申告書の第1表の左下に、「振替納付日は国税庁ホームページ等でお知らせしています。」と書いてあったら、振替納税の手続きは済んでいます。

一方、「納税は振替納税が便利です。是非ご利用ください。」という感じで書いてあったら、手続きをされていないということになります。

あと、振替納税の手続きをしていても、今年は還付!となる場合は、還付金の受取口座等を必ず記入してください。そうしないと還付金が振り込まれず、受け取りに行かないといけなくなるので注意してくださいね。

ではまた。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-02-04 12:45
駐車場
かねてより事務所の近くに駐車場を探していたのですが、なかなか空きが見つからず、どうしようかな?と思っていたところ、本日、道路(猫洞通)を挟んだ真向かいの駐車場を1台確保できました。助かりました。

お車でお越しの際は、ご利用いただければと思います。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-01-31 18:18
3月決算に向けて
本日、3月決算期の会社へ伺い、4月の決算・税務関係の作業内容とスケジュールの打ち合わせをしました。

監査法人の監査の予定が第3週の前半だったので、それが終わり次第、別表調整、外形標準課税、税効果の注記など税務関係の作業をすることになりました。

このペースで行くと19日にはおおよその目途がつきそうです。

(ちょっとプレッシャー)

最近、上場企業は早めに決算発表を行うようになってきているので、我々も迅速でありつつも慎重に業務を進めていかないといけないなぁと改めて感じた日でした。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-01-26 17:41
電子申告(その1)
それは1本の電話から始まりました。

今から1ヶ月半ほどまえ、事務所に税務署から電話がありました。私は外出中だったのでスタッフが用件を聞くと、

「先生のプライベートなことですので…」

と言われ用件は分からず、翌日かけなおすことになったとのこと。

「プライベートなことって…?何…?」

何のことやらさっぱりわからず、翌日、ちょっとドキドキしながら電話すると、

「いやー、実は確定申告で電子申告をやっていただきたくて…。電子申告の開始届出書は出されていますが、実際の申告も紙じゃなく電子申告でお願いしたいんですけど…」

「はあ…。(なんだ、電子申告のことか…まあ確かにプライベートなことかもしれないけど、それならそうとコトヅケしといてくれたらいいのに。でもまあ、そうだとかけなおさないわな)

ということで電子申告にトライすることになりました(まずは自分の確定申告から)。
電子申告がどんなものか、実際に自分で確かめてみる必要もあるなあと思っていたところだったので。

で、電子申告ってどうやるんだっけ?と思いつつ、調べていくと、ああそうか、ICカードリーダライタなる機械がないからやらなかったんだということを思い出し、まずはそれを購入。7,578円なり。(導入予定の電子申告の税額控除を既にオーバー)

これでできると思いきや、今度は、数年前に税務署から通知された利用者識別番号と暗証番号が全くわからないということに愕然とし、しかも、日本税理士連合会から通知された(はずの)電子証明書のパスワード(ユーザPIN)も全くわからないことに意気消沈。

数日後(忙しかったので(ということにして))、気を取り直し、行方不明となった番号を再度取得するため、日税連に「電子証明書失効請求書」なるものを送付(その後再申請するそうな)。
すると数日後、日税連から返信あり。中身を確認すると、書類不備のためもう1回提出する必要ありとのこと(がっかり)。
最初に申請したときと住所が異なる場合は、印鑑証明書と住民票の写しがいるそうな(またコストかかるんですね…)。
そういえば事務所移転したし…。今度は区役所まで取りに行き、再度発送。
税務署からは「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」を提出したので、暗証番号等の通知書が届きました。

これが先週金曜日までの出来事です。

こうなったら意地でも電子申告するぞ!

ではまた。(つづく)
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-01-21 19:16
昭和の日?みどりの日?
私は自分の事務所以外で上場企業の監査の仕事もしているのですが、その関係の事務の方から日程変更の連絡をいただきました。

「今、5月3日に予定入ってますよね?」
「ええ、入ってますね。」
「それを4月29日に変更してほしいんですけど。」
「はーい。」

この仕事に就いてから10年以上経過してますが、ゴールデンウィークはないものと思っているので(っていうかゴールデンピーク←ちょっとおっさん風味)、別に今更何とも思わないんですが、今日、おどろきの発見がありました!

手帳を見ると、4月29日には「昭和の日」と書いてあるじゃないですか!
あれ?まあ、確かに昭和天皇の誕生日でしたが、あれ?、そうそう、みどりの日は?
と思い、ページをめくると、なんと5月4日が「みどりの日」になってるじゃないですか!

全く、知りませんでした。

4日が休みになって、世間の皆様、カンチャンズッポシ、おめでとうございます。

わたしもいつかあやかりたいです。

ではまた。
[PR]
by nakagaki_cpa | 2007-01-17 17:25


会計や税務を含め日常を気ままに書いてます。名古屋 中垣公認会計士事務所
by nakagaki_cpa
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



所在地・アクセス
〒464-0032 名古屋市千種区猫洞通 4-21-2F
TEL: 052-789-1676 FAX: 052-789-1677
中垣公認会計士事務所
Copyright © 2005-2007 Nakagaki Certified Public Accountant Office. All Rights Reserved.